a.jpg
ホームページスマホ版をリニューアルしました。

MOBIES

・最上地域は80%以上の面積を森林が占めており、植林が古くから行われ、優良杉材の産地を形成し、キノコなど自然の恵みを人々にもたらし、木炭や紙を作る材料を供給しています。人々の働く場所でもある森林は、地域に多大な経済的恩恵をもたらしてきました。 
・森林資源を背景にした木材産業は、厳しい状況にあります。木材価格が低迷を続け、人々の森林への関心が薄れ、手入れの行き届かない森林が増えています。 
・今、地球温暖化防止、二酸化炭素排出量削減、化石燃料に偏らぬエネルギー資源として、育成、収穫の過程で発生する林地残材や製材端材、樹皮などのエネルギー利用に注目が集まっています。森林資源の熱エネルギー利用の燃焼は、カーボンニュートラルとされています。
・MOBIESがある山形県最上地域では、木質バイオマスエネルギー資源を活用した事業所が既に数か所稼働しており、また複数の計画が進行しています。
木質バイオマスエネルギー資源の情報、生産のネットワークを構築し、ユーザーに適切な資源供給を図ろうと、最上地域の有力木材産業各社の参加を得て設立されたのが、最上バイオマスエネルギー供給株式会社"MOBIES"


設立
平成19年3月1日


所在
999-5402
山形県最上郡金山町金山325
0233-52-2821


役員
代表取締役社長 岸三郎兵衛
取締役 庄司 和敏


株主
・安楽城林産㈱
・㈱庄司製材所
・㈱北越フォレスト新庄工場
・最上広域森林組合
・金山町森林組合
・三英興業㈱
・㈲三英クラフト
・㈲まさの
・㈱下山製材
・岸三郎兵衛